ニュース

ホームページをリニューアルしました。

ニュースRSS

ロイター: トップニュース

コラム:同盟を壊す「トランプ要塞」、駐留費負担増の現実味 (金, 22 3月 2019)
トランプ米大統領はシリアやアフガニスタン、韓国や欧州大陸の大半で米国の軍事的な関与を後退させているかもしれないが、その流れとは逆を行く場所がある。
>> 続きを読む

トランプ米大統領、ゴラン高原「イスラエルの主権認める時」 (Fri, 22 Mar 2019)
トランプ米大統領は21日、イスラエルが1967年にシリアから占領したゴラン高原について、イスラエルの主権を認める時が来たと表明した。
>> 続きを読む

コラム:海外投資家が疑問視する日銀「次の一手」=佐々木融氏 (Fri, 22 Mar 2019)
[東京 22日] - 筆者は先週、出張先のニューヨークで現地の投資家と相次いで面談した。最も印象深かったのは、多くの投資家が日銀の金融緩和策の次の一手に注目していたことだった。
>> 続きを読む

先進国株式と海外REITの10年アクティブ運用における最終的な勝率はわずか8% ()
米国モーニングスターでは、アクティブファンドのパッシブファンドに対する「最終的な勝率」をカテゴリーごとに数値化した「アクティブ/パッシブ・バロメーター」を半年ごとに公表しているが、今回は2018年12月末基準で「日本版」を計算してみた。具体的な、..
>> 続きを読む

2018年の新規設定動向―毎月分配型ファンドの減少、背景に顧客本位の業務運営 ()
2018年は、株式市場では、米国発の世界同時株安や米中貿易摩擦などに揺れ、日経平均株価は7年ぶりに下落して幕を閉じようとしている。投信市場では、国内公募追加型株式投信(確定拠出年金専用、ファンドラップ専用、ETF含む)は年初から11月末までに..
>> 続きを読む

長期勝ち組ファンドの実態、“常勝”実は少数派 ()
優れたアクティブファンドと聞いて常に良好なパフォーマンスを継続するファンドをイメージする人も多いかもしれないが、このほど米モーニングスターが公表した調査によると必ずしもそうではないようだ。米国のアクティブファンドを対象に、2018年11月末までの..
>> 続きを読む

新システム導入につき、無料プランニングを受け付けます。

 

無料プランニングは全て無料で行わせていただきますが、以下の条件を承諾された方への提供となります。

 

ご希望の方は、お問合せ または下の 予約する 直接のメールでご連絡下さい。

 

 

 

  1. システムに不慣れな事を承諾してくださる方
  2. 相談後にアンケートに回答してくださる方
  3. お客様の声に掲載させていただける方(ニックネームやイニシャルでも構いません)
  4. 将来安心して暮らしていきたい方
クービック予約システムから予約する

What's New

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ご訪問頂いた方

LINEでショップを始めました

是非、友達追加して下さい